マイホーム成功ナビ!全国の工務店・職人さん・建築士(建築家)検索サイト

注約

コンクリートへ戻る

注約

注1 ジャンカ

  • コンクリートの不良部分で、生コンがよく行き渡らず骨材の分離・セメントペーストの空隙などができたところ。

注2 全結束

  • 鉄筋は結束線というなまし鉄線で結束を行いますが、状況により主要部分だけ結束するやり方も行われています。全結束はその名の通り全ての交差部を結束することです。
    当然強固になり、部分的あるいは全体的な揺れ・垂れによる骨材・セメントペースト等の不均等やかぶり不足を防止します。

注3 コールドジョイント

  • コンクリートの打ち継ぎ部分で、レイタンスの除去や湿潤作業が適切に行われておらず、硬化後に密着不良をおこした接合部分。

注4 バイブレーター

  • コンクリートを振動により型枠の隅々まで行き渡せるよう、細長くややフレキシブルな特徴を持った振動機。

注5 どん突き

  • コンクリートや、あるいは地盤などを突き固めるために、作業員が手に持って上下に振って突く、堅木を切って作った頭部や平角材を使った頭部、あるいはコンパネなどを利用し、正角形や長方形の枠状に作った頭部に取っ手を取り付けた道具。一般的には「タコ」と呼ばれています。

注6 シート養生

  • 壁や布基礎などの部分は型枠撤去後に十分な散水をし、薄手のビニールシートなどで被い、破れや風での接がれ防止のために、さらにブルーシートなどで被うのがよいでしょう。

powered by Quick Homepage Maker 4.77
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

カンジダ